ぽん*ぱんハウス にゃんだリバー1丁目1番 

ぽん*ぱんハウスで繰り広げられる3匹家族のドタバタ劇 ★ ぽん*ぱん*ぽん・ぱん愛の結晶くりんの元気な毎日を送ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上を向いて歩こう♪原発のない社会2





少し時間が経ってしまいましたが
今日は浜岡原発震災が起こった場合のシュミレーションを
紹介させて下さい 長いですがお願いします  





下記内容は雑誌「これから起こる原発事故」の中から
衝撃の原発事故シミュレーション②
想定域の真っ只中にある「浜岡原発が崩壊する日!」
協力=京都大学原子炉実験室・小出裕章助教
よりお借りしました


制御室 
浜岡原子力館、制御室模型




東海大地震の震源域が内陸寄りになり浅くなったことで
揺れの規模も大きくなる可能性が出た結果、原子炉施設が破壊され
原子炉は炉心溶融事故を起し暴走し、爆発を起こし、格納容器が破壊され
大量の放射能が外部に放出された設定で

原発全景 
H23.5.4 浜岡原子力発電所全景


京大原子炉実験所の瀬尾建夫氏の著書
「原発事故・・・その時、あなたは!」より

浜岡原発4号機が大事故を起こし、事故発生から7日後に避難した場合
最大で五万四千七百四十二人が急性障害で死亡

もし大地震の揺れに耐え切れず、浜岡にある全ての原子炉が大事故を
起し、事故発生から7日後に避難した場合、最大で二十九万七千八百八十三人が
急性障害で死亡するととしている


急性障害死による市町村別予想死者数
tsuhan11.jpg
(ストップ浜岡原発さんよりお借りしました
もっと詳しいことはこちらに →  )


●急性障害死・・・短時間に大量線を被爆した時に発生
(上記の場合最初の7日間という短期の被爆線量が評価の目安になっている)
ICRP(国際放射線防護委員会)は4シーベルトを浴びれば半数が死亡するとしている

●被爆による発生症状・・・風邪にかかり易い、疲れ安い、から
線量が増えるにしたがって、あちこちの痛み、嘔吐、紫斑、出血、下痢、脱毛、
発熱と症状が重くなり、10シーベルトを超えると中枢神経が侵されて麻痺、
運動失調、惰眠などを引き起こし数日で死亡すると考えられる 



3号機実物大の原子炉模型 
原子力館内 思わず見上げてしまいます

これは原発事故だけの予想死者数だけですが、地震によるビル、建物の倒壊
道路交通網の破壊、大規模な火災、津波発生の複合災害が考えられる

そうなると被災者は、水、食糧の放射能汚染の恐怖に怯え、被災地から脱出
出来なくなる危険性も高く、目に見えない放射能の恐怖にさらされながら、
被災地に閉じ込められてしまうことが考えられる




ヤシの木が見えたら御前崎 
このヤシの木が見えると御前崎に入ったしるし

浜岡原発から放出された放射能は、風速4メートル/秒の放射角15度の南西の
風に乗って、少しづつ拡散されながら、北東の方角に進み、事故の中心地から
約200km先の首都圏に、事故後14時間後東京上空を覆い尽くすことになる

この距離では急性障害死の危険性はかなり薄らいでいるが、晩発生生涯
(ガンや遺伝障害)の影響が著しく起こりうるであろうということが言えるのです 



そしてチェルノブイリ事故の際に旧ソ連軍が実際に設定したふたつの基準に日本列島を
当てはめてみると、長期間避難が必要な範囲が、緩い避難基準で見ると、
西は大阪、北は富山県あたり、東は東京までが避難の対象地域になり、
厳しい非難基準を採用した場合、西は岡山県、北は能登半島をすっぽり覆い、
東は東北地方まで対象地域となりうるのです  


4号機プルサーマル計画 
恐いプルサーマル計画 




それにしても、浜岡原発ひとつの大事故だけで、本州の半分以上の面積の住民が
避難を余議なくされる。その中に人口百万都市が多数含まれ、そこに住む住民が
居住地を10年以上長期避難するなど、とうてい現実的とは思えない

中略・・・

原発の大事故は、日本列島をくまなく放射性管理区域というイエローゾーンに
塗り替えてしまうのである



反原発対策 
至る所で何枚も貼られていたビラ

私は、恐怖心を煽ろうとかの目的ではなく起こりうる現実を
しっかり認識して、初めて本当のことが見えてくるのだと感じています

明日にでも起こるかもしれない東海大地震、連動地震
未曾有の出来事にならないように浜岡原発の運転は危険すぎます
心を綺麗にしてこれからの日本を造って行きたいです


実は昨日浜岡原発に行って来ました 写真もその時のものなのですが・・・
何ら変わらない風景、

茶畑 
地元御前崎の茶畑



楽しむ人々、

右にはアザラシ達  
海岸で楽しむ女の子 遠くにアザラシサーファーがテンテンテンっと




原子力館を後にする時出したアンケートに
こう記して来ました
 
原子力館

まだ福島も収束・終息することの出来ない人間の力
原子力は人間が持ってはいけないと思います、
そして後世の子供達にこのまま残すことは出来ません

それでも動かし続けるのであれば、事故が起こってからの保障をどの様に
考えているのか示して下さい 私は原発はいりません


受付の女性に手渡したのですが・・・


開かれ中を読み、・・・・・
(ぽん父いわく)後ろ姿を睨まれたようです


言葉 


前進・・・・自然に感謝のない前進はしてはいけない
・・・・・と思うのです


この記事を読まれて、原発はいらない!っと思われたあなた
 どうぞ周りの人に伝えて下さい
一人から10人に そしてその10人が・・・ 
大きな大きな輪になると思いませんか?
今は普通の暮らしをして来た人達が声を上げる時だと思います



原発問題に真剣に取り組んでいらっしゃる方々です


■中部大学武田先生の原発緊急情報 → 
(一家のお父さんという立場で原発問題の対処法を教えて下さってます)


■清水国明さんの「生きるチカラキッズキャンプ」を応援しています→ 
(福島のこどもさんの力になるべく奔走していらっしゃいます)


■ストップ浜岡原発、東海地震地震から愛する人を守るのはあなたです
こちらから→ 



■福島みずほさん → 
(つい先日も原発止めて下さいっ!と中電まで出向いてくれました)






スポンサーサイト

| 飼い主編 | 16:14 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

福島の原発がなくても
関東のこの夏の電力はなんとか確保できるとか
聞いたことがあります。(本当かどうかは分かりませんが)
あわよくばという考えの元に原発は作られているのですよね。
制御できないエネルギーを制御できると思い込むのは
本当にあさはかなことだと思います。

| pie | 2011/05/06 08:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ponpanhausu.blog112.fc2.com/tb.php/966-f08688fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。