ぽん*ぱんハウス にゃんだリバー1丁目1番 

ぽん*ぱんハウスで繰り広げられる3匹家族のドタバタ劇 ★ ぽん*ぱん*ぽん・ぱん愛の結晶くりんの元気な毎日を送ります

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近の我が家の猫トイレ事情




前回の続きです!
今日は長ーい文章です^^;


ぽんと生活を共にしてから今日でちょうど5年になりました
ぱんを迎え、そして3年前ぽんぱんに初めてくりん・らいの2匹の子供が出来て
ぽんぱんハウスも随分賑やかになりました^^



それまではご飯にしても、トイレ猫砂にしても深い考えはなく
猫の好み・価格・ニオイ・飼い主の使い易さを優先していた様に思います 

お陰様で、ねこ等もなんでも良く食べ、猫砂の種類も選ばず 
考えてしまう様な問題も格別起きなかったんですよね~ 


そして去年の6月11日、富士丸・さくら・クルン・カレンの4匹の子猫が産まれました
そこからがご飯・トイレ・猫砂を深く考える事になっていったんですけどね


ご飯はそれまでは、ぽんぱんがいたペットショップさんがあげていた
ホリステックレセピー・カルカン缶詰を中心に、シーバ・モンプチ・サイエンスダイエット・ロイカナは療法食まで
(ぽん、くりんが尿石症一歩手前だったんでその時療法食を^^;)
そりゃもう色々と上げていましたし、どれも美味しそうに食べてくれました
もちろんうんちもとっても良いの出てましたしね


価格的にも極端に安価でなく、メーカー物で宣伝も大々的に「健康に配慮して」って!
歌ってますし、療法食にしても獣医さんがお勧めなんですから使わなきゃ治らない
って気持ちもありましたし、獣医さんに任せていればという、情けない依存心もありました
それより何より、ねこ達が美味しそうに、舌舐めずりしながら食べてくれるのを
見るのが嬉しかったんですよね・・あの頃は


そこをなぜ手作りにって思うでしょ?
ぽんが去勢してから急激に太って来て・・・きっかけはそこからなんですが
ペットフードを深く考える様になったのは、猫砂でも御世話になっている
ペットのぬくもりさんに出会ってからです
店長の飛弾野さんは、ホリスティック栄養指導員の資格を持ってらして
いつでも、メールで相談に乗って下さいます
療法食の危険などもここで知りましたしね


息子(人間)の重度のアレルギーで薬の使い方による恐さ恐ろしさは、経験上あんなに味わって
よく知っていた筈なのに・・・
なぜねこ達に重ねて考えなかったんだろうと思いました


でも私は手作り一本ではまだやってはいません
朝や忙しい時は、アズミラの缶詰・プレミアムキャットのカリカリにシーバやモンプチのカリカリを
ちょこっと混ぜて上げています(食い付きUPの為) 

猫の手作りご飯の本で読みましたけど、
猫ってネズミまるごと一匹がベストな食材なんだそうです
生肉、毛、内臓、血全て・・・
これで生きて行くのに必要な栄養が全部取る事が出来るんですって


獣医さんからも言われました
「猫の命を守って上げられるのは飼い主さんだけですからね
一生食べて行くものを決めるのも飼い主さんですからね」


やっぱり自分の手作りでは不安もあるんですよね
だから私は、ペットフード+手作りご飯でしばらくはやって行こうと思っています



で長くなっちゃいますが
話は猫砂に移ります~^^;

ねこ砂に関して言えば、飼い主側の事情からニオイを第一に、処理し易く
固まる・砂状・紙・鉱物系・シリカゲル・おから・お茶・ひのきetc
そう完全な猫砂ジプシーに陥ってました^^;
ライオンさんの猫砂モニターも半年に渡ってやらせて貰いましたし



猫側からは健康を第一にと・・
これは子猫が自分でトイレを使う様になってから恥ずかしながら考え始めた事で
なぜかって?ねこ砂口に入れたんですよ(泣)
初めての出来事でした
まさか食べちゃうなんて・・・

もう直ぐ変えなきゃって、焦りまくり探しまくりましたよ
でも食べても安心!って猫砂そうそう見つからないんですよね
そんな時ネットで見つけたのが

ペットのぬくもり さんの

猫砂でした 
早々取り寄せてトイレへザっと
開けたてのニオイは、あの独特な森のニオイでした

ねこ達は少し躊躇した様でしたが、直ぐ慣れうんちももりもり、安心感でホッとしました(笑)
でもね、慣れて来ると一日中家を締め切って帰って来た時、ドアを開けた時のニオイが・・
トイレ6っつのニオイ~~~
私は嫌いじゃありませんでしたけど、ぽん父にはとにかく不評で


猫の健康と人間の都合・・・
兼ね合うものないかなぁ~とまた物色の旅へ^^;



そんな時見つけたのが

猫用品のゴロにゃん 楽天市場店さんの

この猫砂
これはもう今までの猫砂の中で一番のお勧めです
何が一番って!それはニオイです
ほんとは猫のしっこは臭って当たり前
だけど・・・

ニオワナイッテ最高~^^


詳しくは商品ページを見てね!
ナッティーキャットと割ると素晴らしいみたいって書いてあったし・・





猫の健康

化学物質でコーテイングされた砂を掻いた猫の手は・・・
その砂が、ホコリが付いてますよね
その手足をねこは、一生舐め続ける 
トイレにも流せない固まった砂

一回量は微量だとしても、一生の間には積もり積もって・・・
いったい体の中はどうなってしまうんだろう 
口に入れても安心、これが自然のものを使いたいと思った一番の理由です




そこに人間の都合を合わせて!

ほんとに超無臭なの^^
またその無臭状態が長く続いてます
トイレに少量づつ流せるし、崩れて下に落ちたおが屑は土に反せます
これガーデニングに使えますよね~^^
(ニオイ以外は、ナッティーキャットも同じです)




ペットのぬくもりさんとゴロにゃんさん
猫への思いがいっしょなんです
だから扱う商品も似ています 

猫と一緒に楽しく元気に暮らしたい!


これからもぽん・ぱん・くりん3匹と楽しく暮らして行きたい
元気が一番!
それが私の望みです~^^



そんな飼い主の長話に付き合って
ぽんもう5分以上このかっこのままで~す(爆)
027.jpg 



ランキングに参加しています。

 モバペ|ペット人気ブログランキング blogram投票ボタン
応援ありがとうございます^^ 

 

スポンサーサイト

| ぽん。ぱんファミリー | 00:34 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そっか
猫砂ジプシーさんのときが
あったんですね
わが家もそうでした
いろんな砂を試して
巡り合ったのが
トフカスパイン~
凄く良かったので
今はこの商品と
こちらが出してる猫砂を
愛用してますo(^-^)o

| ミルク | 2010/10/14 07:07 | URL | ≫ EDIT

ぽん母さんの猫に向ける底なしの愛情が
とっても伝わってくる!!
私も「ねこ砂」に対してこんなに神経質に
なるとは思わなかったですw
そう!富士丸坊ちゃまの猫砂食い(´艸`o)
私もあの時は色々買いあさったな~。
ナッティーキャットを教えてもらってから
我が家はず~っとナッティーキャットを使っています。
ペットのぬくもりさんの対応も素晴らしいですしね!
にしても・・・カレは未だにぶちまけた砂を食いますぞw
食べても安心みたいだが、見つけ次第即没収!

| まちゃもも | 2010/10/14 13:22 | URL |

フードも猫砂も新製品が次々と出てきたり
ネット上での情報などでホントに迷います。
でもジプシーの甲斐あって納得できるものに出会えて良かったですね。
おから系は食べちゃう子がいるって聞きますし...
鉱物系は重たくて扱いが不便らしいし...
香り付きは違和感あって私は好かんし...
で、結局うちはずっと固まる紙砂なんですが
10歳過ぎると、もう慣れ親しんだものから替える勇気ありませんわ ^^;

猫の命を守って上げられるのは飼い主さんだけ・・・
ホントにね。 最近つくづくそう思います。

| レオっち | 2010/10/14 17:44 | URL | ≫ EDIT

我が家では今、二種類のトイレを使ってます。
フツーのタイプとシステムトイレ。
砂の入れ換えに合わせてトイレも交換してます。
システムトイレは専用の大玉の汚れとランニングコストを考え、ペレットタイプが使えるように改良しました。これだと砕けた粉は下に落ちて溜まるのですが、スノコも無い一般的なのはしばらくすると粉だらけになり、トイレから出て直ぐの手足は粉っぽくて、かなり気になってたところでした。

今回のぽん母さんの記事を読んで、全く逆の発想の砂の実力が解りました。
一度お試しして、結果次第で切り替えも考えたいと思います。

| ましゃ治 | 2010/10/15 10:31 | URL |

考えさせられる内容でした。
うちはシステムトイレを使用しているのですが
3年くらい前かな? おからタイプのものを買って使ってみたのですが、NG
トイレを使ってくれなくなってしまい、家中で粗相をするように…
ただ、システムトイレ用のタマ 入替をすると喜んでトイレに入り混ぜ混ぜするのですが むせて戻しちゃったりするんですよ~。とっても気になっていたのですが、変えると拒否反応が激しくって… 
フードについても気に入ったものしか食べてくれず…
根負けをしてしまっている状態です。
また、ダンナとのネコの育て方の相違など…

愛するにゃんずの為に最善なことをしてあげたいと思っているのですが・・・

| cocomama | 2010/10/15 11:48 | URL |

役に立つ情報ありがとうございます~。
ウチは自分がその薬の怖さを知ってるクチなんですけど、それでも獣医さんに「100%療法食を!」なんて言われるとついつい「そんなもんか・・」と。懲りてないです。
ただ、言われて100%に出来るような立派な人間でもないし、「食べたいものを食べる幸せ」なんてことも考えちゃう。自分だったら向こう何年病院の食事ね!って言われたらそれだけで死んじゃうかもですから(笑)
今はなるべく一手間かけて、デトックスにいいであろう野菜とかを細かく刻んで入れてみたりしてます。

やり方はいろいろあるのかな~って思うんですよね。

| らちあに | 2010/10/15 12:30 | URL | ≫ EDIT

おおー。。今回のお話はいろいろ考えさせられましたー。。
うちは、市販のカリカリしか食べなくて、しかも気に入らないカリカリはまったく見向きもしないです。。
なんで、ぶりたが好きなカリカリばかりあげています。。
療養食にも、懸念があったなんて初めて知りました。。
ぶりたは、どこの病院にいっても「肥満」といわれるので、ちょっと考えなければならないですね。。。
本当にありがとうございました。

| のぼぼん | 2010/10/16 13:02 | URL |

みんにゃん幸せ者ですね!
おからの砂、確実に食べるヤツが居ました…
それはタゴヤン。
子猫はだいたい一回は食べようとしますね、猫砂。
(多分食べてた子もおったやろうなー)

それぞれの家庭でのベストが見つかると
一番いいんでしょうけどねー。
ウチは最近コスト面でエサの見直しを検討中です。
(太りはしてないけど、痩せもしないし…
でも、まぁ最近は誰も大きな病気してないのはいい事ですが)

考えさせられる記事ですね、ありがとうございます。

| 97。 | 2010/10/20 20:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ponpanhausu.blog112.fc2.com/tb.php/907-3e471e7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。